街から 第152号

  • 2018.04.16 Monday
  • 19:49

JUGEMテーマ:新刊紹介

 

雑誌 街から 第152号 2018年4月

 

 

目次    

 

●Book Cafe Machikara    
ノートブックから 時々思い出す 成田宙路之
いしのまきサステナブルデザイン通信 10. また3・11です。 押切珠喜
  田舎電車に乗ろう 68.  豊橋のチンチン電車 伊達哲也
  京都・綾部から 12.  丹波・綾部の根源を探る 出口春日
●連載 ココロハダカで 9.

 私のやりたいこと、そして辺野古の話 牧瀬 茜
●石垣島から「ゆばなうれ(世は直れ)」 5.

 「国」対「地方」のイビツな選挙    内原英聡
●ペーパー・ブログ広島から 5.

 広島の路面電車はライトレール 田浪亜央江
●連載 現場からのリポート 8.

 再び問う、包摂性の高い社会を! ― 弱者 弱者の連鎖― 若松 修
●コラム【私的放射能メモ】30.

 パパ・フランチェスコが選んだ写真    神田真理子
●マンガ

 「無窮の果ての馬鹿」 天才ナカムラスペシャル
● 鼎談「戦後」ルネサンス文化の考察(シリーズ第3回)

 「デモと自由と好奇心」の溢れた市民運動の台頭 天野惠一×中山千夏×吉岡忍
●連載 カントリー・ダイアリー 40.

 彼岸に渡る おおえまさのり
●コラム おしるこ通信 23.

 東北海岸200キロサイクリング〈前編〉 門脇 篤
●死ぬまでまだ時間はたっぷりある 6.

 「山谷 ― やられたらやりかえせ」伯林へ こみ 憲
●アマゾンの森からリポート 8.

 文明社会が滅んでもインディオは生き延びる 南 研子
●連載 音楽の時間が刻むもの 14.

 浅川マキとアナログレコード 寺本幸司
●連載 人前で歌うということ 37.

 「寝屋川フォークジャンボリー」のフイナーレにみんなで歌った『教訓1』 中川五郎
●コラム 人と街と建築 69.

 大阪城 上山恵三
●連載 写撃 10.

 街角のパントマイムに子どもたちの笑顔。 平早 勉(撮影/レポート)
編集室から(152号)

 寺本幸司、成田宙路之、押切珠喜、天野惠一、本間健彦
 
(表紙)成田宙路之
(題字)赤松陽構造
(デザイン)朝倉事務所

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック