街から 第151号

  • 2018.02.10 Saturday
  • 23:06

JUGEMテーマ:新刊紹介

雑誌 街から 第151号 2018年2月

 

 

 

目次    
●Book Cafe Machikara    
  ノートブックから 窓ポエム    成田宙路之(ヒロシ)
  いしのまきサステナブルデザイン通信 9. 評価するのか? 悔やむのか?    押切珠喜
  暗闇が大好き 「永遠のジャンゴ」から見えてくるもの    佐々木健
  田舎電車に乗ろう 67. 倉敷のもう一つの顔    伊達哲也
  京都・綾部から 12. 屋久杉玉磨き    出口春日
●コラム 人と街と建築 68 

  瑞巌寺本堂 上山恵三
●ペーパー・ブログ広島から 4

  広島朝鮮学校訪問    田浪亜央江
●石垣島から「ゆばなうれ(世は直れ)」 4

  デマに踊らされないでほしい    内原英聡
●連載 現場からのリポート 7

  「社会的包摂」議論はどこに消えた!     若松 修
●コラム【私的放射能メモ】29

  浦上第一病院医長 秋月辰一郎    神田真理子
●対談

  「戦後」ルネサンス文化の考察 シリーズ第2回
    国境もジャンルも飛べ越えた 60年代ポップス甦る記憶    佐藤剛 x 平井玄
●観る・読む・再考する 16

  〈疎外〉論の時代 ー「君も俺もはじめて人間として生きかえる」 天野惠一
   テキスト/映画「誇り高き挑戦」(深作欣二監督・東映1962年作品)
       「太陽への脱出」(舛田利雄監督・日活1963年作品)
       『近代人の疎外』(F・パッペンハイム・粟田賢三訳(岩波新書・1960年))    
●連載 カントリー・ダイアリー 39

  いのちの場    おおえまさのり
●連載 写撃 9

  あの足立正生が「伊賀の頭領」役で好演!    平早 勉(撮影/レポート)
●連載 ココロハダカで 8

  嘘    牧瀬 茜
●コラム おしるこ通信 22

  アチェ西海岸240キロサイクリング    門脇 篤
●死ぬまでまだ時間(ひま)はたっぷりある 5

  珍種の蝶を見た。これも温暖化のせい?    こみ 憲
●アマゾンの森からリポート 7

  シングーインディオの大人になるための通過儀式    南 研子
●特別寄稿

  気配の感じられる音が好き    田口史人
●連載 音楽の時間が刻むもの 13

  浅川マキ「ロング・グッドバイ」    寺本幸司
●連載 人前で歌うということ 36.

  冤罪青春グラフィティを生きた獄友達を映画と歌で応援!    中川五郎
声の集う広場    
この本がおもしろい    
マンガ 「無窮の果ての馬鹿」    天才ナカムラスペシャル
編集室から(151号)平井玄、寺本幸司、成田宙路之、押切珠喜、天野惠一、本間健彦

    
表紙 成田宙路之    
題字 赤松陽構造    
デザイン 朝倉事務所    

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック